『宮澤佐江 SNH48卒業公演』を放送!AKB在籍10年間を振り返り、彼女が思うこととは


宮澤佐江と言えば、AKB48グループの中でもムードメーカーとして、ファンからもメンバーからも愛されてきた存在。


そんな彼女が、3月31日(木)のSKE48劇場卒業公演、本人のデビュー10周年記念日でもある4月1日(金)のAKB48劇場での「旧チームK 10周年記念特別公演」(「宮澤佐江 AKB48劇場卒業公演」)をもって、AKB48グループとしての活動を終了する。


「AbemaTV」では、宮澤のAKB48グループ卒業を記念して、3月16日(水)に上海で行われたSNH48劇場卒業公演(「SNH48宮澤佐江 畢業特別公演」)の模様を放送することを決定。4月1日(金)18:00より放送する。


宮澤がSNH48に移籍したのは、2012年11月のこと。初めてステージに立つのに1年近くの月日を要した。


SNH48劇場卒業公演の中で宮澤自身も「SNH48になってからの3年半は長かったようで、凄く短かったけど、本当に色んなことがありました。最初は上海に住んで、中国語もペラペラになって、こっちでビッグになって、胸を張って日本に帰る予定だったのですが、私が望んでいたことは正直1つもできませんでした。辛くて悔しくて悲しい時期もありましたが、SNH48になったことを後悔したことは本当に一度もありません。」と語っている。


同番組では、中国語での歌唱や中国語での挨拶など、日本ではなかなか見ることの出来ない貴重な宮澤の姿がたくさんおさめられており、ファン必見の番組となっている。




■放送スケジュール

4月1日(金)21:00~23:05

▷この番組をチェックする

▷ただ今放送中の番組はこちら


↓ 明日以降のオリジナル生放送番組はこちら ↓